2018.09.09

お知らせ ダンス・劇教材紹介 保育お役立ち情報 未分類

お遊戯会・生活発表会、年長さんにはコレ!

お遊戯会・生活発表会、年長さんにはコレ!

運動会の演し物は決まり・・・次は劇発表のことを決めなきゃ・・・という時。
特に年長さんは普段の保育でもすることがいっぱい、でも園生活最後の発表会となると、プレッシャーもかかりますね。
先生はもちろんのこと、保護者さんからの期待も大きくなります。
絶対に失敗はしたくない!!
本当にそうです。
ではわかりやすく生活発表会の劇を失敗しないためには・・・をお話しして行きましょう。
 

年長さんの「感動する生活発表会」 失敗しないためには。

 

最後の生活発表会は絶対に成功したいですよね!
では失敗しないように3つのことを気をつけましょう。
 
その1
感動するストーリーの劇を選ぶこと。
 
作品選びはとても大切です。巣立っていく年長さんにイメージが重なるようなストーリーだったり、みんなの友情を確認し合えるようなお話し、感謝する・感謝されるようなことをする・・そんなお話だったり・・・
ラストに向かって感動!!そこで涙が出ると素晴らしいですね。
そのあとに笑顔いっぱいのフィナーレがあるとなおさら華やかです。
 
その2
その感動の場面(大切な場面)に必ず全員が参加していること。
 
一番の盛り上がりの感動の場面があってもその場面に限られた子供しか出ていないと・・・ちょっと出ていない子供の保護者さんは寂しいですよね。
なるべく全員がその場面を何らかの形で参加してみんなで作り上げるような場面にしたいものです。
とは言っても全員が同じ主役をするわけにもいきません。
歌やダンスで参加したり、一言ずつでも声を出せるようにする、など考えてみましょう。
 
その3
全員が出てきた時などに、絶対に顔が隠れて見えない・・・などということのないようにしましょう。
 
例えばフィナーレ。舞台に全員が揃います。
人数が多く3列になったとしましょう。
1列目は座る、または舞台に腰掛けるようにする。2列目は膝立ち。
3列目は立つ。・・・そうすると全員の顔が見えます。
そして前列の人と人の間から顔が見えるようにすること。
子供達には並んだ状態で客席側に先生が立って「先生が見えるかな?」と言ってみてください。
自分がまっすぐ先生が見えない、ということは客席からも子供の顔が見えない、ということです。
 
その他フィナーレで数人ずつ挨拶をする時。
袖から数人出てきて挨拶をして後ろの自分の場所に行きます。
次々出てきて挨拶をしては自分の場所に行くと、挨拶している子供達だけがきちんと見えます。
その反対にまずは全員が並んておいて、そこから数人ずつ挨拶をして両袖に入る、というパターンもできます。
全員が挨拶をして入った後にもう一度全員登場します。
 
年少さんくらいでしたら一旦はけたりするのは難しいので、全員が半円形に並んでいて、その自分の場所から何人かずつ前に出て行き挨拶をします。挨拶が終わると自分の場所に戻ります。
これを音楽できちんと決めると簡単です。4小節ずつくらいで区切ると歌いながらできたり、自分の出るところは音楽で覚えられるのでとてもいいです!
 
どれも劇をする上において、失敗しないためのテクニックとしてとても大切なことです。
 

卒園児さんにエールを送る!

年が明けると「卒園」が目の前に迫ってきます。
あんなに小さくて泣いてばかりいた子もびっくりするくらいできることが多くなり、卒園を迎える頃には本当にしっかりして目を見張るようになりますね。
その卒園の前の一大イベントの生活発表会。
年長さんの劇発表には力がこもります!!
担任の先生も巣立っていく子供達を応援したい!激励したい!そして園最後の素敵な思い出を作って欲しい!・・
きっと思えば思うほど力が入り、それなりのプレッシャーがかかってきてしまうと思います。
保護者の方にも、これだけ大きくなった!と感動して欲しいものですよね。
 
先ほどお話した「感動するストーリー選び」ということにおいて「夢の色ってどんな色?」という作品がとても好評です。
 

 
そして「感動する場面に全員が参加していること」ということにおいても、この劇の最後に一人一人が大きな声で一言ずつセリフを言うように脚本は書かれています。
 
「夢は自分で作るもの!」「自分の力で叶えるもの!」「夢はみんなちがう!」「ちがう夢を叶えていく!」・・・
 
子供達の心からの決意の言葉は本当に力強く、心に響きます!
これを上演してくださっている園では、ご覧になっている保護者の方のほとんどが感動で号泣されているそうです。
劇発表は強制されてするものではありません。
セリフもただ覚えてなぞって言うだけでは何の意味もありません。
長いセリフやたくさんのセリフを言うのが素晴らしいのではなく、心から思いをセリフとして言えることが大切だと考えます。
 
親が子供に思うことの中で「夢を持って一歩ずつでも進んでいって欲しい!」というのが大きいのではないでしょうか?
PETIPAの代表の桐生もこの作品の作者の谷口もそれぞれ3人の子供の親です。
親の気持ちがひしひしとわかるのです。
ですからこの作品にはそういう先生からの「愛」保護者からの「愛」がたくさんこもっているのです。
 
教育的テーマが含まれ、劇制作が簡単にできる「こども歌劇」という教材の中から年長さん用に一番喜ばれているのが「夢の色ってどんな色?」です。まずはストーリーが気になるところ・・・少しだけ紹介しましょう。

個性の大切さがわかるストーリー

ここは妖精学校。卒業試験の問題は「夢の色とはどんないろでしょう?」。妖精たちは答えを見つけるため旅に出ます。花の精フラワーは枯れても折れても花を咲かせ続ける人に出会います。
 

 
ピアノの精、ポロロンは戦いを止めるために音楽を演奏する人たちに、水の精マリンは人間が汚した海をきれいにする魚たちに。
 

 

 
そして3人は夢を食べてしまう怪物に遭遇し・・・。さて3人は無事に合格できるのでしょうか?
それぞれの場面に歌やダンスが盛り込まれたミニミュージカルです。普段こども達が慣れ親しんでいる音楽に変えたり、ダブル・トリプルキャストにしたりとアレンジも自在です。妖精が登場するので、夢夢しい舞台になります。衣装作りも楽しくなりそうですね。

保育に取り入れられた方の喜びの声

毎年、年長さんにはこの作品と決めていらっしゃる園もあります。「年長さんにとってこれ以上のストーリー、作品はないんです。だから変えません!(園長談)」とのこと。年中さんも年少さんも、年長になったらこの作品をやるんだと楽しみにしているそうです。
「夢のいろ〜のストーリーが素敵すぎて・・・私、今年の年長担当なんです。昨年より見劣りするわけにはいかない。他に対抗できる作品はありますか?」と言って、相談に来られる先生もいらっしゃいました。もちろん、それぞれに違ったテーマ・良さがあります。

妖精学校の卒業を卒園にオーバーラッップするように書かれた、年長さんへのエールを送る作品です。
「夢は自分が作るもの」「自分の力でかなえるもの」「夢はみんなちがう」「ちがう夢をかなえいく」
ラストのこどもたちの台詞は感動を呼びます!

「夢の色ってどんな色?」ダイジェストでご覧下さい。
https://youtu.be/5KZWWi_Vf_U
 

楽しい冒険物を園児さん達にさせたい!・・・という方はぜひこちらをご覧ください!「ヨーホー宝さがし」

https://petipa-hoikukensyuu.com/hoikuoyakudachi/%e5%a4%a7%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%81%ae%e5%85%83%e6%b0%97%e3%81%aa%e5%86%92%e9%99%ba%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%bc/
 

園での歌やダンス・劇などのちょっとしたお役立ち情報をたくさんアップしています。

https://petipa-hoikukensyuu.com/news

petipaのサービスはこちら

こども歌劇セットはこちらで購入できます。
http://petipa-shop.jp

衣装や小道具のお役立ち情報も掲載しています。
桐生のぼる公式ブログ
https://ameblo.jp/petipa-happy/