幼稚園・保育園 生活発表会やお遊戯会の年中さん〜の劇 劇を通して「混色」が学べます!

1年の行事の中でも力の入る生活発表会・お遊戯会。
大きなステージで開催する園もお遊戯室で開催する園もあるでしょう。
日頃ずっと使っているお遊戯室であっても当日は特別な舞台です!
なんとか華やかにしたいですよね。
それには「劇の題材選び」がとても大切になってきます。
内容がすごくステキでも1年に1回の晴れ舞台です。
あまり地味な感じの見え方ではちょっと・・・と思ってしまうのも本当のところだと思います。

しかし、見栄えばかりが派手であっても、そこは教育的テーマがきちんとないと「劇をする意義」がありません。
そこで、劇をしながら「混色を学べるという画期的な劇を今からご紹介します。

幼稚園や保育園での日常生活の学びの中に「混色」がありますね。
絵の具を使ったり、パスや色鉛筆で実際にお絵描きをしていく中で学んでいくことも多いと思います。
では劇をしながら混色を学べたら・・・・どうでしょう?
色と色をまぜまぜする歌を歌ったり、混ぜることを表現するダンスを踊ったり・・・
もちろん色たちが主役の楽しいストーリーです。
色のどんな物語が繰り広げられるのでしょう?
ワクワクする物語で、途中にはドキドキする盛り上がりが!・・・

「ポンちゃんにじをかく」
PETIPAオリジナル劇発表教材こども歌劇です。
今からストーリーなどを詳しく解説していきます。

目次

株式会社サクラクレパス様に許可をいただきました。


その前にこの物語にはたくさんの色のクレパスが登場します。
しかし「クレパス」というのは株式会社サクラクレパス様の商標なのです。
そこで、この「ポンちゃんにじをかく」の劇発表教材を制作・出版するにあたり、株式会社サクラクレパス様に伺い、社長様やその他たくさんの方々に物語を読んでいただきました。
幼稚園・保育園・こども園で劇として上演することを目的として、商標であります「クレパス」という言葉を使わせていただくことの許可をいただきました。
サクラクレパス様は快く承諾してくださいました。
そのおかげで赤クレパス・青クレパス・・・などと使用させていただいています。
心より感謝いたします。

「ポンちゃんにじをかく」配役とストーリー

こども歌劇「ポンちゃんにじをかく」模範演技DVDより

配役です。

ナレーション

ゴールド王
シルバー女王
ポンちゃん

赤クレパス
青クレパス
黄クレパス

だいだい色たち
緑色たち
黒クレパス
紫色たち
青紫色たち

どの役も一人〜複数のこども達が演じることができます。
一人で何役もできますので、クラスによって配役は工夫してください。
途中で役を交代もできます。

ストーリーです。

雨が降ったあと、お空にみえるきれいなものはなんでしょう。
そう、虹。
ポンちゃんは虹をかきたいのですが、赤・青・黄の3色のクレパスしか持っていません。
でも虹は7色…
そこへ赤いクレパスが「ポンちゃん、私たちのクレパス王国にいきましょうよ」と声をかけてきました。
ポンちゃんと赤・青・黄クレパスは揃ってクレパス王国へ!

劇としてはここからがオープニングとなります。

幕が上がると、華やかにクレパス王国から始まります。
たくさんの色達がみんな登場して元気に楽しく歌い踊ります。

♪〜ここはクレパス王国
  色があふれる国
  街はいつも華やかで イキイキ・ウキウキ
  色のない世界なんて 考えられない
  さあ 今日も色を届けましょ ウキウキ・シャララ・・・ ♪〜

ここはクレパス王国です。
王様のゴールド、女王様のシルバーのもとにいろいろな色が集まっています。
そこへ、ポンちゃんが3本のクレパスをもってやってきました。
ポンちゃんは「ぼく虹が描きたいんだ」「でもクレパスが3色しかないんだ。」
すると王様・女王様は「色が3つでも虹は描けますよ。私達がおしえてあげましょう。」と言ってくださいました。

さあどうするのでしょう・・・

赤色と黄色達が前に出て楽しく歌い踊ります。

♪〜 赤と黄色、まぜまぜしたら何色になる?
   手をつないでランラン。
   まわってまわってルンルン。
   とんでとんでピョンピョン。
   仲良く色をつくろう。
   ランラン、ルンルン、ピョンピョン。
   ランラン、ルンルン、ピョンピョン。♪〜・・・

「わあ~~~、だいだい色ができた!」

まぜまぜを表現しながら元気に歌い踊ると・・・
なんてステキ!
だいだい色ができてしまいました!!
だいだい色はみかんやもみじ、夕日の色ですね!
すごい!色が4つになりました!

次は青と黄色です。
青色と黄色達が歌い踊ります。

♪〜 青と黄色、まぜまぜしたら何色になる?
   手をつないでランラン。
   まわってまわってルンルン。
   とんでとんでピョンピョン。♪〜・・・

まぜまぜしたら・・・
今度は緑色が出来上がりました。
緑色はカエルさんやキュウリ、葉っぱの色。

赤・橙・黄色・緑・青、色が5つになりましたよ。

そこへ、黒クレパスがやってきました。
「ぼくも仲間にいれてよ。虹の色になりたいんだ。」

♪〜 黒と赤を、まぜまぜしたら何色になる?
   黒と青を、まぜまぜしたら何色になる?
   黒と黄色、まぜまぜしたら何色になる?
   手をつないでランラン。
   まわってまわってルンルン。
   とんでとんでピョンピョン ♪〜・・・

赤や他の色に黒をまぜまぜしたら・・・
なんと・・・黒になってしまいましたー!!
黒クレパス達は
「ぼくも虹の色に入りたかったんだ。わ~~ん。」
黒くなってみんな泣いて、黒いクレパスも泣き出してしまいました。
でも虹の色に黒ははいっていませんよね。黒いクレパスはそれが悲しいようです。
どうしましょう・・・・

ここでポンちゃんは優しく言います。
「虹の色にははいっていなくても、黒はとってもたいせつな色だよ。だって夜空が黒いからお星さまはきれいに見えるんだよ。カラスだって虹の色じゃ変だよ。」

そうですね、クレパス王国ではどの色もとても大切な仲間です。
王様・女王様・色達もみんな黒色を大切に思っています。
黒クレパス達は「お星さまをかくときにはぼくをたくさん使ってね。」と明るく言います

さあ、あとは紫と藍色をつくります。
何色と何色をまぜまぜしたらいいのでしょう?

♪〜 赤と青、まぜまぜしたら何色になる?♪〜・・・
「わー紫ができた!!」
紫色はブドウやすみれのいろですね。

次は?・・・
♪〜 青と紫、まぜまぜしたら何色になる?♪〜・・・
すごい!青紫ができてしまいました!
青紫は深い海、宇宙から見た地球の色です。

たった3つの色から赤・橙・黄・緑・青・青紫・紫。
虹の七つの色ができました!
「やったーーー! 3つのクレパスで虹はかけるんだね。」
ポンちゃんは大喜びです。
みんな見てください! 
お空にきれいな虹がかかりましよ。

ここからすごく華やかなフィナーレになっていきます。
いろんな色達・王様・女王様・ポンちゃん、全員が登場します。

「3つのクレパスで、虹をかこう!!」

元気にテーマ曲を歌って踊ります。

神戸松蔭女子学院大学  子ども発達学科教授の先生からの推薦文です。

「ポンちゃんに字を書く」の制作にあたりきちんとした教育的テーマを踏まえるためにご相談に伺いました。

 神戸松蔭女子学院大学 教育学部 教育学科 人間科学部 子ども発達学科  
教授 奥美佐子先生です。

奥先生はこの作品を読まれてとても感動してくださいました。
先生の授業にも取り入れてくださって、今から保育に携わる学生さん達が「ポンちゃんにじをかく」を教材として学んでくださっています。
その奥先生が推薦文を書いてくださいっています。

色彩の第一の扉は「出会い」の扉

パス・マーカー・コンテ・絵の具等、子どもの描画に適した描画材の種類は多様にあります。保育・教育の現場で子どもたちが最初に出会う描画材がパスであることが多く、0歳児から小学校の低学年までの描画にはパスがよく使われています。
新しいパスの箱を開ける時のドキドキワクワクした心の高鳴りはいったい何でしょうか。
開いたときに漂う蝋と油脂の独特の香りとともに、眼に飛び込む色彩のグラデーションの美しいこと。
子ども時代の驚きは大人になった今も少しも変わらないのです。
パスの箱を落として床にばらまいてしまった子どもが、1本1本拾って元と同じ美しい色の並びになるよう、懸命にパスの並びを整えている姿に納得し共感するものがあります。

第二の扉は「育ち」の扉

描画の発達過程から見ると、0~2歳児の子どもたちはまだスクリブルを楽しんでいる時期でもありますが、3歳以上になるとものの形が少しずつ出現してきます。
スクリブルの時期には目前にある色や目についた色、好きな色で描くことが多く、人や物の形を生み出そうとしている時は単色で描く子どもが多いと思われます。
その後徐々に自分の好きな色やそのものの固有色に近い色で表現しようとします。
個人差はありますが色の選択方法も変化するのです。
第二の扉は、特に大人が理解しておきたい扉です。

第三の扉は「発見と試行」の扉

 赤・青・黄は色の三原色で、色相環にある色は三原色の混色でつくることが可能です。
レオ・レオーニ作「あおくんときいろちゃん」は既知の絵本ですが、あおくんときいろちゃんが重なるとみどりになり、その変化に興味を惹かれます。
子どもたちは色水遊びや、パレットの中や画用紙の上で、青と黄が混ざって緑になることや、赤と青が交差したところが紫になることを偶然発見することがあります。
次に赤と黄を混ぜたら何色になるのか、緑と青は? 赤と緑は?と次の試行に挑みます。
偶然の発見から興味を持ち、試行へ。
興味を持って試す行為が主体的な表現活動を誘います。

最後の扉は「イメージと創造性」の扉

 最後に子どもたちは、豊かな色彩のイメージと創造性の扉を開き、自分なりの表現を獲得するでしょう。
『ポンちゃん、にじをかく』には開けたいすべての扉が備わっています。
作者である谷口真実子さんとは防災絵本『まもるんといもごん』の監修をお引き受けしたときに、出会いの扉が開かれました。
脚本家であり、ダンス講師、役者でもある多才な作者が生み出したストーリーは、パスと出会い、虹の7色の混色で試行錯誤し、最後にイメージした虹を描くポンちゃんの活動のプロセスを通じて、絵本を読んだ子どもたちに創造活動の喜びと達成感を与えてくれることでしょう。

ポンちゃんはクレパス王国へ赤・青・黄の三原色のパスから虹の7色をつくる旅に出かけます。
虹の色数や色名は国によって3~7色と異なるといわれています。
日本では7色が通常のようで、『ポンちゃん、にじをかく』ではパスの赤・青・黄三色から混色してつくることができる7色の色相で、赤・橙・黄・緑・青・青紫・紫と表記しています。
『ポンちゃん、にじをかく』を読みながら、または保護者の方や先生に読んでもらいながら、パスの3色を混色して実際に虹を空に浮かべてみましょう。
第一の扉を開けると、きっと「発見と試行」の扉、「イメージと創造性」の扉が開かれるでしょう。

劇を通して「混色」を楽しく学びます。

教育的テーマを楽しく自然に!

上記のように大学の人間科学部 子ども発達学科 の教授の奥先生からの推薦文をいただき本当に嬉しい限りです。
劇をする意義は・・・・
間違わずにセリフを言えるようにすることではありませんよね。
きちんと登場して歌も大きな声を出し、ダンスも振付を間違わずに踊る・・そんなために劇をするのではありませんよね。
劇を通して、どういう成長ができるのか、そのさきにどんなこどもになっていくのか・・・そのために先生方は一生懸命指導されるはずです。
「ポンちゃんにじをかく」は劇を通して「混色を楽しく学ぶ」という教育的テーマが根底にあります。
美術の学びとして、教育として混色を学ぶこともとても大切ですが、まだまだ小さいこども達が日頃の遊びの中で、楽しく興味を持ちながら学んでほしいと思い制作しました。

赤色と黄色をまぜまぜしたらどうなるんだろう??
わ〜〜〜だいだい色になった〜!!
自分が赤色だったり黄色になりきって元気にまぜまぜ・・・・
そうすると実際に手を触れ合ったり、耳で聞いたり、体を使ったり歌ったりしながら体感するまぜまぜなのです。
それがどういう結果を生み出すのか・・・それも興味津々になりますよね。
そして赤色と黄色を混ぜるとだいだい色になるんだ!!
こども達は五感をフル活動させて全身で感じ取ることができます。

何よりもそのまぜまぜするときの歌がとても楽しいのです。
「ポンちゃんにじをかく」をすでに上演された幼稚園・保育園では、練習中はもちろんのこと、発表会が終わった後もお部屋で絵の具で絵を描くときに・・・「♪〜 赤と黄色、まぜまぜしたら何色になる?♪〜・・・」と歌いながら楽しく絵を描いているそうです。
そのお話を聞いたときには本当に感動しました!!
こういうことこそが「劇をする意義」なのだ、と。

(まだこれからもどんどん写真や動画、本文なども追加していきますので引き続きご覧ください!)

感動の劇発表教材をご紹介します。

卒園児さんにエールを送る「夢の色ってどんな色?」

年長さんの劇発表は力が入りますよね!
なんと言っても園生活最後の生活発表会・お遊戯会です。
劇発表教材こども歌劇「夢の色ってどんな色?」は全国で人気 絶大です!!
卒園する年長さんにエールを送り「夢を持って胸を張って歩いて行こう!」をテーマにした感動の作品です。
ラストの全員による呼びかけは圧巻!
保護者の方も先生も感動の大号泣です!!
詳しくストーリーや実際に上演された写真、作者の思いなど、動画も含めてアップしています。
ぜひご覧くださいね。
    ⬇︎

 ワクワク冒険ストーリー「ヨーホー・たからさがし」(年中〜年長さん向け)

テーマは「友情」です。
元気なこどもの海賊達が主役なので、園児さん達にはとても理解しやすくすんなり劇に入っていけますよ!
主役が一人ではないので配役もたくさん。
女の子でも男の子でもできる海賊達、小人さんや人魚さんも登場します。
劇を通して「友達の大切さ」を体感しましょう。
ストーリーやちょっとしたコツで劇がグレードアップする指導法などを丁寧に解説しています。
     ⬇︎」

「思いやり」「感謝の気持ち」をテーマにした心温まる物語「はじめてのありがとう」

こども達に感謝の気持ちや思いやりを教えるって難しいことですよね。
劇を通して、劇の練習をしながら優しい気持ちを持てるようになれば最高です。
「ありがとう」と言われた時の幸福感を体感しましょう。
きっと劇が終わっても心の中に温かいものが残り、思いやりの気持ちが膨らむことでしょう。
劇中ではあっというような変身場面もあります!
       ⬇︎


よかったらシェアしてね!
目次
閉じる