昨年発表会の全てをプロデュースさせていただいた長崎県五島市の福江幼稚園様へ。
第一回の発表会は大成功!!
園児数は2倍〜3倍に!!
そして今年も嬉しいことによんでいただきました。
 

こども歌劇の練習はまずは遊びから

 
劇発表(オペレッタとみなさん言われます。同じことですよ。)に向けて・・・すぐに立ってセリフを言わせたりはしませんよ。
まずはこどもたちに「こんなお話、知ってるかな?」・・・と講師の谷口がお話するところから始まりです。
 

 
みんな興味津々!!すごく熱心に聞き入ってます!
 
それから遊びとして・・・「セミになってみよう!」・・・(劇中にセミが出てくるのです。)
 

 
ちなみに2歳児さんです。
みんなセミが木に止まって「ミ〜ンミ〜ン」みんなそれぞれ個性があります。
 
途中でもまたお話。焦って次に進もうとはしません。
 

 
少し納得したようなので、「じゃあ、セミさんの夏は好きかな?」
こどもの感情が動くことが大切です。セミがいっぱい鳴く夏・・・・イメージができたら・・・
「だーいすき!」・・・この言葉が自然に元気に出てきます。
 

 
こうやって劇遊びは遊びの中で出来上がっていきます。
この作品は、こども歌劇「はる・なつ・あき・ふゆ」です。日本の四季を劇の中で楽しむ、という小さい園児さん用の劇発表教材です。
 

今度は年少さんの劇発表です。

 
作品は最新作のこども歌劇「MOMOTARO」です。
 
MOMOTAROはこちらに詳しくアップしています。
 
桃太郎だけが主役ではありませんよ。
犬もサルもキジもみんなが主役!
最初、幕が上がると・・・なんとかわいい!全員正座をして「とざいとーざい!!」
 

 
こどもたちはもうすでに面白がって喜んでしてくれています。
「おじいさんは山へ芝刈りに〜トントントン!」「おばあさんは川に洗濯に〜ジャーブジャブジャブごーしごし!」
これは全員で表現遊びです。それぞれ自由に芝刈りや洗濯をするんですよ。
 

 
そして犬やサルやキジが大活躍する戦いの場面・・・この写真はキジさんです。
 

 
1回目はイヌをしたから、今度はサル!・・・みんな色々とやってみています。
こうやって先生もこどもたちも楽しく遊びながら劇は出来上がっていきます。
 

ダンスコーナーの振付です。

 
ダンスの羅列では面白くないのでテーマを決めました。
「ダンスで世界の旅」です。
いろんな国に飛んで、その国のダンスを踊ります!
 
さて、年長さんはそのダンスでも最後、トリをつとめます!
これは・・・どこの国でしょう・・・・
まだ振付の一番最初の幕開きのポーズです、わかりますか?
そう「アメリカ ブロードウェイ!!」
シルクハットをかぶる予定です。なんてカッコいいんでしょう!!
 

 
今回は3日間でほぼ先生方にそれぞれの劇のステージングや振付も研修できましたし、ダンスコーナーのダンスの振付もできました。
あとは楽しみながら積み上げて行ってくれるはずです。
PETIPAはまた11月に五島市にいきますのでその時の出来がとても楽しみです!
 

園で最後の発表会!年長さんの劇は失敗できません!

 
年長さんの劇の一番人気はこども歌劇「夢の色ってどんな色?」です。
卒園児さんに向けて書き下ろされた感動の作品です。
 

 
保護者の方は感動の大号泣!!
この作品をすることによって園児さんは一回りたくましく、優しくなった・・・という感想をたくさんいただいています。
大好評の「夢の色ってどんな色?」
 
こちらにストーリーや配役、演出、詳しくアップしています。