2019.02.04

お役立ちワンポイントアドバイス こっそりスキルアップ 保育お役立ち情報

運動会や発表会のダンスで可愛い小道具を使おう!

運動会や発表会のダンスで可愛い小道具を使おう!

運動会や発表会のダンスの時の小道具・・・ポンポン・フラッグは定番ですね。
それから他には???

どうしてもマンネリになってしまいませんか?

特に小さい園児さんには、持たせると危ないものは避けたいですよね。
そこでPETIPAからの提案です。

可愛いリースはどうでしょう!

普通のリースとはちょっと違いますね。
そう、真ん中に一本の持ち手が付いています。

円だけのリースだと両手で持たなくてはいけません。
でも真ん中の棒を持つと・・・片手で持てるのです!!
そして手首を振ると・・・クルクル回ったように見えて、とても可愛いです。
片手に持てるということは、振り付けの幅が広がります!!

このリースを持って踊ると・・・

とっても可愛いです!!
可愛いお花をつけていますが、星や動物など、日頃自分たちで作った手作りのものをつけてもいいですね!!

リボンをくるりと丸めてお花にしてみました。

作り方は

リースの芯は100均ショップで売っているクリスマス用のリースでもいいですし、厚紙を切ったものや、
紙皿などの中を切り抜いたものなど安全なものを使います。
軽いホースの中に針金を入れてもOKですが、ちょっと重くなるかもしれませんね。
あとはテープを巻いたりして飾ってください。

PETIPAのダンス研修でご紹介してきた小道具で大好評だったのは

ペットボトルをくっつけたものです。
簡単・安全・見栄えがする・・・!子供達も大喜びです!!

この小道具を持ってダンス!

作り方などはこちらに詳しくアップしていますのでご覧くださいね。

https://petipa-hoikukensyuu.com/2018/09/27/638/

うちわにもふさをつけるとダンスが派手になります。

うちわと同系色のふさをつけました。
踊るととても派手になるので運動会にはぴったりです!

いくら大きく踊るといっても限界がありますよね。
そういう時に手の先のまだ先に動く要素があるととても大きなダンスに見えます。
配色はインパクトを重視したい時には黒・赤・金色などを使うとはっきりします。
火を表したい時には赤のベースにオレンジや黄色を入れたり、水を表したい時にはブルーの濃淡に白を混ぜるなど、何色かを使うとグレードアップしますよ。

持っているだけでも可愛い小道具

これはガーデニングの風車を利用して、それにお花やリボンをつけてみました。

可愛いですね。
ダンスを効果的にするのはもちろんのこと、手に持った園児さんが喜んでテンションが上がる!ということもとても大切なことです。
テンションが上がると笑顔になって元気なダンスになること間違いなしです!


小さい園児さんには何か小道具を使って、ダンスやお遊戯を大きく見せるのはいいことです。
そして、園児さんのテンションもアップします!!

2019年夏の講習会でもいろんな小道具を紹介いたします。ぜひご参加くださいね。

https://petipa-hoikukensyuu.com/workshop/