汗をかいても崩れにくいメイクを!!

これからの季節、特に運動会の練習やプール遊びなどで外に出て「汗」をかくことが特に多くなりますよね。
そのために化粧くずれが激しくなります!

保育者の方はいつも薄化粧ですからそんなに気にならない方も多いかもしれませんが、それでも汗でくずれにくいメイク方法があればとてもラッキーですね!

宝塚歌劇団の舞台での汗

宝塚大劇場は客席数が2000以上です。(旧大劇場は約3000ありました。)
舞台もとても広く、そこを歌い踊り、場面から場面への早替わりで衣装を着替えたり、髪型を変えたり、と「汗」が本当に半端ない仕事です。
舞台化粧もドーラン・粉・パンケーキ・・・と厚いですが、それでも大量の汗をかいても徹底的にはくずれません。
その秘密はお化粧の順番とお水が関係してきます。
まずはドーランを塗り、次は粉をはたきます。
そしてここが重要なのですが、粉の次に水で溶いた固形パンケーキを刷毛で塗ってスポンジで綺麗に叩くように均等につけます。
そうするとピタッと肌にフィットしてそのあと汗をかいても汗だけがパラパラ落ちてきて、ドーランまで取れてしまうようなくずれかたになりません。

この化粧法を普段のメイクに活かしましょう!

まず普段のファンデーションを塗ります。
私はリキッドファンデーションです。クリームタイプでもいいですよ。

そして次に粉をはたきます。
(なるべく固形パウダーよりもパウダータイプの方があとがくずれにくですよ。)

そしてここからがポイント!!

粉の後に水を含ませたスポンジで・・・

水専用のスポンジの出番です。

この水専用のスポンジに水を含ませ(ボトボトではなく、力を入れると水がポトポト落ちるくらいです。)
スポンジで顔にお水を均等にのせていきます。
その後乾くのを待ってくださいね。
もしもう少しファンデーションをしっかりつけたい時にはお水をつけたスポンジで水でもOKのパウダーファンデーションをつけます。

そうすると・・・
ある程度汗をかいても化粧くずれはかなり防げますよ。

いつでもきれいでいようとすることは大切ですね!

外に出ることの多いお仕事ですから日焼けも気になりますよね。
厚化粧は推奨できませんが、いつでも綺麗でいようとすることはとてもいいことだと思います。
汗だくでズルズルと不快な思いもしたくはないですからね。

舞台の技術を普段に活かしてもらい、元気に外遊びや運動会などの練習に集中してくださいね!!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる